チャンスを勝ち取りたいならネイリスト求人に応募

仕事

転職に備えておくこと

書類

社会人としての総まとめ

職務経歴書は履歴書と違い、短時間で簡単に作成することができないので、転職を意識し始めた時点ですぐに準備を始めることが、成功へとつながります。履歴書は誰でも一度は書いたことがあるので、スムーズに仕上げることができますが、職務経歴書は、社会人としての総まとめの作業が必要になるので、かなり時間が必要です。職務経歴書を最初から完璧に仕上げようとは考えず、とりあえず自分の今までの経歴を書き出し、任せられた仕事や具体的な業務内容を振り返ります。その過程で、自分でも気付いていなかった強みや、自然と身に付いていた能力が分かってきます。そうすることで、職務経歴書もスムーズに作成することができるので、転職の準備は整います。

面接をしなくても伝わる

履歴書と職務経歴書の大きな違いは、決まった様式があるか、ないかです。職務経歴書は、基本的にフォーマットは自分で決めて、パソコンで入力します。履歴書もパソコン入力を求められることがありますが、まだ手書きで提出するケースの方が多いです。しかしどちらにも共通するのは、その書類によって人間性がはっきりと分かる、ということです。職務経歴書の場合は、自分の長所や生かせる能力を簡潔にまとめることで、一緒に働きたい人材だと判断してもらうことができます。また、丁寧な文字で、誤字や脱字がない履歴書であれば、まじめできちんと仕事をする人物だということが分かります。面接をしなくても伝わることがあるので、提出書類も手を抜かずに仕上げることで、転職は成功します。